CULTURE

かっこいいビジネスマンになろうぜ かっこいいビジネスマンになろうぜ

01
成果を最短・最速で形に変えよう。

ビジネスマンとして、成果を出すことは大前提です。しかし相手の期待を超えた成果でなければ意味がありません。

期待を超えるからこそ、お客様、お取引先に対して喜ばれるのです。

02
社内でも社外でも元気な挨拶をしよう。

弊社はベンチャー企業。「風通しがいい」「意見が言える」といったことは我々にとってはコアコンピタンスです。
風通しが良い環境の第一歩目に、”挨拶”でお互いに気持ちのよい印象が大切だと考えています。
上司、同期、後輩、お客様、全員に挨拶をし、一日をスタートすることで、気持ちよく仕事に取り組むことができます。

03
時間は有限。無駄のない動きをしよう

「時間」は、誰にとっても平等であり、価値あるものです。

考えるよりも、すぐに行動を起こすのも一つかもしれません。
スキマ時間を利用することも一つかもしれません。
タスク管理を1日単位、週間単位でするのも一つかもしれません。

状況を判断し、最善の行動をし、時間を有効活用しましょう。

04
身の周りは常に綺麗にしよう。

「身の周りは、心の写し鏡である」
雑然とした環境では仕事に集中して取り組めず、また他者の印象も悪いです。

仕事は1人ではできない。組織で取り組むことにより成果を出すことができます。
気持ちよく仕事を取り組むために周りの環境を整えましょう。

05
報・連・相は当たり前。加えてスピード感を意識しよう。

スピード感を大切にすることにより、漏れなく、そして次の一歩を的確にそして適切に行なうことができます。
また自身の考えを加え、報・連・相を行います。何時も上司や先輩が助けてくれる訳ではなく、自分で対処しなければいけないケースがあります。

いち早く自立したビジネスマンになるよう、自分で考える癖を徹底しましょう。

06
結果も大事だけども過程ももっと大切にしよう。

どうしても結果に結びつかない時期があります。
そんな時に、「なぜ、結果が出なかったのだろう?次はどうすれば結果を残せるだろう?」と考えるのではなく、「なぜ、結果が出なかったのだろう?どこの過程が違ったのだろう?次はこの過程を変えてチャレンジしてみよう」と考えます。
弊社では、結果と過程は結びついているということを理解し、成長の為に過程を大切にしようという考えです。

07
個人事の範囲を組織事で考えよう。

「仕事は様々な人の繋がりと感情の上で成り立っている」、弊社の価値観です。
仕事の楽しさ、苦しさ、嬉しさ、悲しさを共有しよう。共有することによって、分かち合える時間が増えます。
弊社では「私の今しているこの仕事は、自分の為にやっている」という考えではなく、「私の今している仕事は、組織にこんな影響を与えれる。その結果、自分に返ってくる」という考えで仕事に取り組みます。